建築事例 Our Works

Live in luxury

Y様邸の基本情報

ジャンル
シックモダン×リゾートモダン
スタイル
MODERN
工法
耐震軸組工法
家族構成
ご夫婦+お子様2人+お母様

間接照明 大空間 リゾート 塗壁 センターキッチン

決め手Point01

デザイナーの人柄

よくある、とにかく分厚いカタログを開いて延々と形式的な説明をする営業トークとは違って、私たちの目を見ながら自分の言葉でそれも素材や設備・工法に対しての良し悪しも含めて常にホンネで分かりやすく話をしてくれたのがとても印象に残り、夫婦で『この人なら信頼できる』と感じました。また、特に衝撃的だったのは伝えた要望に対して目の前で突然スラスラとイラストで描いてみせてくれた事。今までそんな方は他にいなかったですし、とにかく上手で分かりやすいのでそれを見てすぐにイメージ通りかを判断できるので打ち合わせも効率良くどんどん進んでいきました。

決め手Point02

多彩なジャンルも細部まで造り込まれている

SIBUSAWA STYLEは1つジャンルだけでなく、シンプルモダンやヨーロピアン、リゾートなどさまざまなジャンルを手掛けていますがどの家も中途半端さがなく、きちんと細かい部分まで造り込まれている。一般的に会社によっては得意不得意があるかもしれませんが、SIBUSAWA STYLEなら『どんな要望でも叶えてくれそう』と期待できた点も大きな決め手に繋がりました。

御施主様のこだわりPoint

開放的でリビング全体が見渡せるキッチン。家事をしながら一緒にTVを見たり家族とコミュニケーションをとることができ、タタミスペースで昼寝をしている赤ちゃんの様子やお子様が遊んでいる姿を見守ることもできます。
間接照明をふんだんに用いたラグジュアリーリビング。また、オリジナル性が際立つ造作TVボード。複雑なデザイン構成が上品にまとまった大空間。
和室の概念ではなく、タタミスペース。演出と使い勝手の良さが両立した空間。チャイルドスペースや家事スペース、家族がコミュニケーションのとれるユーティリティスペースとなっています。
造作カップボード。リビング空間に合わせたモダンデザイン。プラス下部にさりげない間接照明演出も忘れません。キッチン脇のパントリーは奥様の忙しい毎日を助けてくれる効率の良い家事動線。冷蔵庫もパントリー内に設置され生活感のないキッチンを演出。