建築事例 Our Works

心地よい空間を実現した上質な大人のナチュラルモダンハウス

O様の基本情報

ジャンル
ナチュラルシンプルモダン×カフェライク
スタイル
四季彩
工法
木造軸組在来工法×SIBUSAWAスペック
家族構成
ご夫婦+お子様3人

SIBUSAWA×御施主様のこだわりPoint

シンプルな外観にこそ本当のセンスある設計デザインが問われる。また、建物の外観全体が見渡せる立地条件。この希望や条件を今回もSIBUSAWA-STYLEらしくカタチにした。シンプルでありながら、さりげない衣装の見せ場や様々な角度から見てもしっかりデザインされた建物形状。世の中で当たり前にない外観をさりげなくセンス良く…

室内は、ナチュラルモダン・カフェ風・ホテルライクと様々なジャンルをSIBUSAWA-STYLEらしくMIXした室内空間に仕上げた。リビング空間は、デザイン性だけではなく、何気ない日常を愉しむユーティリティーなリビング設計に。読書が趣味である奥様の読書スペースをリビング隣に設けることにより、忙しい日常の中で、ほんの少しの時間でも、ゆっくりとできる日でも、さりげなく自然な動線で読書スペースに移動ができる大切な時間を"つくり"やすい配置とした。また、半こもりスペースで作り付けのソファーにゴロンと横になれば最高のお昼寝スペースにも。家族皆がそれぞれのタイミングで寛げるスペースに。そして、リビングソファー背面には書斎カウンター的なユーティリティーカウンターを設けた。忙しい旦那様のお仕事やお子様の勉強、奥様の趣味の時間など様々なシーンで使い勝手が良い、家族皆が使える便利なスペースに。家族皆が"繋がる"ことのできるリビング空間となった。

ダイニングキッチン廻りは、ナチュラルカフェモダンな空間に。SIBUSAWA-STYLEらしいジャンルMIX+空間設計デザイン。ダイニング→リビングゾーンへの動線も"あえて2WAY"に。また、床の段差をつけることで、空間のパーテーション的に感じ、ワンフロアでいて様々な要素が重なり合うLDKをデザインや空間要素が"散らかる"ことなく、センス良くバランス良くまとめ上げるPOINTとなった。ダイニング横の土間スペースも毎日の暮らしの動線を無意識に愉しむ縁側として、チェアを置けばカフェスペースとして…様々な使い方がある土間スペースも"さりげなく"設けた。

玄関から始まる帰宅動線。もてなす・愉しむを取り入れた玄関ホールもさりげなく、おしゃれにセンス良く。また、手を洗いリビングへorシューズクローク→パントリー→キッチンへと繋がる帰宅動線。玄関ホール先にベッドルームも設け半平屋的暮らしも。SIBUSAWA-STYLEらしい繋がる家事動線を今回もカタチにした。暮らしやすさがあってこそのセンスあるデザイン空間。SIBUSAWA-STYLEの大切にしている大きなひとつであり、常に皆様に表現し続けていることである。

sibusawa style